2021年に向けて

今年はスキップせざるをえなかった新作発表を来年の2月にできるよう、さまざまなリサーチや素材探しをしています。

ドレスの質の良さは、シルエットの美しさや仕立てもありますが、最もわかりやすいもののひとつが素材ではないでしょうか。

少人数でのパーティが増えれば増えるほど、ゲストとの距離も近くなり、素材の上質感も伝わりやすくなります。

そんなこともあり、素材へのこだわりを重要視しています。

来年に向けて、1つめの注目素材は、ジャカード素材。

縦横のそれぞれの糸の色の違いや織り方次第で、さまざまな図柄を表現できます。

人気の3Dフローラルレース

地にボタニカル刺繍をしたものに立体的なお花をアップリケしたレース。この仕様は、もはや定番となりつつあります。また、配置の仕方でさまざまな動きのある見せ方も可能です。ただし、どれくらいのボリュームでどのポジションに入るかによっても全体のイメージが大きく変わり、場合によっては太く見えたりするので、ポジションにも注意が必要です。

「素材からのインスピレーション」

ドレスをデザインする時は、アートや過去のクチュールなどからインスピレーションを受けて、さらにたくさんスケッチに描く中で生まれたりすることも多いですが、クリエイティブな素材を見るとそこからインスピレーションが生まれデザインすることもあります。

来年の2月に向けて、わくわくするようなデザインやアイデアを盛り込んでいます。

また、来年に向けてオーダードレスの相談会も承っています。

花嫁のみなさん!ぜひ、お気軽にご相談ください。

Enjoy!

Designer Y.UNO

ituwaの公式LINEができました。 ituwa